顔認識マーケティングシステムBeeSight

に使える顔認識システム

BeeSight

特徴

1.スタンドアロンで顔認識

2.個人情報保護への配慮

3.さまざまな端末に対応

4.他アプリケーションとの連携に対応

BeeSightシリーズのご紹介

様々な用途に応じて選べる3つのエンジン

顔認識精度の高いハイパフォーマンス版(Android)

取得速度、横顔での顔認識性能の向上により、Android版でも取り逃しが少なく、年齢、性別の精度も高い顔認識エンジンです。
MarkⅡや Windwos に比べ各表情の詳細値は取得できませんが、「幸せ」「驚き」「悲しみ」「怒り」「ニュートラル」から現在の表情をダイレクトに取得が可能。
少し大きめのデジタルサイネージや展示物などカメラから距離のある場所でご覧いただく場所や、入店者属性の計測などでもご利用いただけます。

対応OS:Android
スタンドアロンサイネージモード v1.0対応
ピープルカウンター v1.0対応

ベーシックな基本性能。
簡易ピープルカウンター機能付き(Android)

TypeM にくらべ、取得速度が落ちますが、「幸せ」「驚き」「怒り」「嫌気」「恐れ」「悲しみ」の7表情に加え、相対的な気分を数値化した「ムード」の値も取得可能。 速度が落ちるため、タッチパネルや低床スタンド型のデジタルサイネージなど、近くで御覧いただけるデジタルサイネージや展示物などでご活用いただけます。

対応OS:Android
スタンドアロンサイネージモード v1.0対応
ピープルカウンター v1.0対応

顔認識速度が速くカスタマイズベース(Windows)

Android版の2種に比べ圧倒的な取得スピードの保持が可能な顔認識エンジンですが、カスタマイズでのご提供が前提の設計となります。
顔認識エンジンの基本的な年齢、性別の解析精度は MarkⅡ と同じ内容となります。

対応OS:Windows
※カスタマイズベース

シリーズ比較

TypeM MarkⅡ Windows
プラットフォーム Android Android Windows
顔認識データ収集
横顔取得 ×
動作速度※1 4~5fps 2~3fps程度 8~10fps程度
表情認識
コンテンツ再生機能 ×※2
ピープルカウンターv1.0 × ×※2
自動データアップロード ×※2
端末内API ×※2
IPカメラ対応 × × ※3

※1動作速度はハードウェア性能、取得環境により変動致します。値は同一環境での参考値

※2ご要望によりカスタマイズ範囲として実装可能

※3指定ハードウェアとの連携で実装可能

対応OS・推奨スペック

BeeSight
シリーズ
OS CPU メモリ 空きストレージ
TypeM Android 4.2~ 4 Cores
1.4GHz以上
2GB以上 1GB以上
MarkⅡ Android 5.0~ 4 Cores
1.4GHz以上
2GB以上 1GB以上
Windows Windows 7~
(64bit)
8 Cores
1.4GHz以上
4GB以上 2GB以上

推奨機材

STB

Android STB

SHARP SC-BX2

社内ベンチマークスコア
アプリA:公開準備中
アプリB:公開準備中

Android STB

impactTV S7

社内ベンチマークスコア
アプリA:公開準備中
アプリB:公開準備中

Windows STB

PINON サバ太郎
Type-S

社内ベンチマークスコア
アプリA:公開準備中
アプリB:公開準備中