TOP > お知らせ一覧 > 第43回MAF展にて デザイナー 天津憂 様との共同出展で「経済産業大臣賞」を受賞しました。

第43回MAF展にて デザイナー 天津憂 様との共同出展で「経済産業大臣賞」を受賞しました。

2016年10月30日(日)~11月6日(日)の間、東京都美術館にて開催された第43回MAF展において、
株式会社212、エイコム株式会社、株式会社コンシェルジュ の共同出展として「A01 ver. A.I.Signage」を出展し、経済産業大臣賞を受賞いたしました。

本作品は、これまでにない全く新しいブランドプロモーションを展開する為の企画作品で、
顔認識BeeSightを搭載した最新デジタル・サイネージ・システムと最先端のAI(人工知能)とを連携。
表情認識と対話型AIとのコラボレーションが実現したことで「ファッション・デザイナー、本人そのもののAIロボット化」に挑戦しました。
カスタマー(ユーザー、顧客)とのダイレクト(仮想)コミュニケーションを実現します。

「天津憂」がウェディング・コンサルタントとなって、お客様に自分でデザインした「Hanae Mori manuscrit Wedding」 をコーディネート、
アドバイスする事が「もしも可能になったら?」をコンセプトに企画制作致しました。

Supported by Hanae Mori manuscrit

天津憂さんとの写真 経済産業大臣賞 賞状

左より MAF展 会長 桑田様、212 天津憂様、コンシェルジュ 太田様、弊社 森

お問い合わせ pagetop